Jul 31, 2022

リベイクして美味しい焼きたてパンが完成!

冷凍のパンを焼きたてパンにする秘密、それは「リベイク」。
瞬間冷凍パンPan&の「リベイク方法」を詳しくご紹介します!


パンが一番おいしいのは「焼きたて」の瞬間!でも、そんな焼きたてパンって、いつどこで食べますか?
朝は忙しくて、パン屋さんには行けないし・・・
仕事終わりに行っても冷めてるセール品しかない・・・
そんな不満を解消する、本格的な焼きたてパンがお家で食べられる、それがPan&(パンド)です。

「リベイク」とは?

聞きなれないこの言葉、初めて聞いたという人もいるかもしれません。
「リベイク」とは、一般的には「焼きなおし」を指します。
冷凍パンのPan&(パンド)は、このリベイクをすることで、最高の焼きたてパンに変身します!

\焼きたての状態で急速冷凍した/

買ってきたパンを焼き直すのと何が違うの?

でも、近所のパン屋さんで買ってきたパンを焼き直すのと、何が違うの?
Pan&(パンド)は最高の状態を見極めて、瞬間冷凍して旨みと水分を閉じ込めています。
だから、食べる前にリベイクすることで、パリッともっちりした焼きたてパンになるんです。

10分で焼きたてパンができる!

さて、「リベイク」の意味と湯気が出る理由もご説明したところで、ここからが本題。
Pan&(パンド)のリベイク方法をご紹介していきます!

基本的には次の簡単3ステップでおいしくお召し上がりいただけます*

1.お好きなパンを冷凍庫から取り出します。

※Pan&は冷凍で販売またはクール便(冷凍タイプ-18℃)でお届けします。

2.トースター(900W目安)で2~3分焼きます。

ここでポイント!リベイクの前に、霧吹きなどでパンに水分を補うと更においしくなります。
(スチーム付きトースターの場合はスチーム機能をご活用ください。)

3.加熱後は、扉を閉めたまま余熱で6〜8分保温し、パンの芯まで温めます。

トースターの機種によっては、電熱線の近くの表面がこげてしまうことがあります。
そんな時は、アルミホイルをふわっとのせて、リベイクしてみてください

ただし、アルミホイルがあることで熱が伝わりにくくなるので加熱時間を6~8分に伸ばし、保温時間を2~3分ほどに変更すると、ちょうど良い加減の焼きたてパンが完成します。

焼きたてパンの完成!

外はパリッと、中はもっちり。本当に美味しいんです!思わず笑みがこぼれてしまいます♪

トースターが無い時は・・・?

そもそも、トースターが家に無い!朝食べたいけど、全然時間がない!そんな方向けにオススメのリベイク方法は、どこのご家庭にもある、「電子レンジ」を使います。

「冷凍庫から取り出して、電子レンジ(500W目安)で30秒

たったこれだけで食べられます。なんという簡単さ!これなら、朝、靴下を履いている間に出来てしまいますね。トースターでリベイクする場合と比較して、とてももっちりしっとりした食感になるのが特徴です。

個人的には、甘めの食事パンを、この「電子レンジリベイク」で食べるのにハマっています。

実はオーブンもおすすめ!

トースターで焦がしてしまった、電子レンジのリベイクだとパリッとしない…となんだかしっくりこなかった方もいるかもしれません。(機種によって、焼け具合が変わってきてしまいます・・・)

確実に「焼きたてパン」を食べたい!そんな方には、「自然解凍からのオーブン」もおすすめです。

  1. お好きなパンを冷凍庫から取り出し、30~90分自然解凍します。
  2. オーブンを予熱220に設定。
  3. クッキングシートを引いた天板に、パンを置き、霧吹きなどで水分を補います。
  4. 220°のオーブンで2~3分焼きます。

オーブンだと一気にたくさん焼けるし、焦げる心配も無いので失敗したくない来客時や、夕食準備を開始する前にパンを冷凍庫から取り出しておき、食べる直前に焼き上げるのに丁度いいですね!

おうちで「リベイク」しよう

焼きたてのおいしさはもちろん、冷凍の優位性を活かし、余分な保存料や添加物の要らなく、長期保存の利便性にも優れた、冷凍パンPan&(パンド)。

是非、ご家庭でお楽しみください♪ 

リベイクの方法を動画で公開中

Posted in パンのこと, リベイク方法Comments Closed 

関連記事